文化連 日本文化厚生農業協同組合連合会 農民の暮らしと健康を守る協同組合

ホーム

文化連概要

組織

事業内容

今年度行事

関連リンク



ホーム > 事業内容 > 単協補完事業
事業内容

厚生連補完事業
単協補完事業

研修会講師派遣、研究会開催、情報提供

食品・保健資材等の共同購入事業の支援

高齢者福祉事業の支援
研修・研究会事業
機関誌
許可証ダウンロード


事業内容



単協補完事業

 農民のくらしと健康を守るため、農民の声が届く全国連合会づくりを−という創立の理念に基づいて、文化連では、単位農業協同組合(単協)の直接加入を早くからすすめ、会員単協の事業を直接に支援、補完する取り組みを行ってきました。2007年10月現在、生活活動や福祉活動を重視して取り組んでいる48の単協(20県)が加入しており、その数は年々増えています。主な支援業務は次のとおりです。

研修会講師派遣、研究会開催、情報提供
 食の安全や健康づくり等のテーマについて、単協が行う組合員・女性部・役職員の研修会等に対し、講師を年間を通じて派遣しています。また、担当役職員、生活指導員等を対象にした講座、研究会(「農協生活活動活性化研究会」等)の開催や情報提供(季刊『くらしと健康』発行等)、調査活動支援を行っています。



食品・保健資材等の共同購入事業の支援
 組合員の願いに応えて、食と農と健康を守る新しい共同購入の展開が求められています。こうした単協の取り組みに対し、運動と事業の企画から推進にわたって一貫した支援を行っています。合わせて、低添加・国内産原料使用を基本とした安心な食品や、生活習慣病予防に活かせる保健資材・健康管理機器等、共同購入で取り上げる商品について開発・選定と単協への供給を行っています。

高齢者福祉事業の支援
 厚生連医療に関わる専門機能を持った連合会として、単協が実施する福祉事業・介護保険事業に対しても支援を行っています。医療と介護が連携した“福祉の協同”を広げるために「厚生連病院と単協をつなぐ医療・福祉研究会」を開催しているほか、機関紙を通じた情報提供をすすめています。また、病院の資材・機器の共同購買の力を活かして、単協に対し、デイサービス等の設備・機器や各種資材、福祉用具、紙おむつ等消耗品の廉価供給を行っています。


 なお、単位農協の文化連への加入については、農協法および模範定款例にあるとおり、単協の総会(もしくは総代会)において加入の決議が必要となります。くわしくは本会担当課までお問合せください。

許可証ダウンロード
個人情報の取り扱い
このサイトについて
サイトマップ
日本文化厚生農業協同組合連合会(文化連) 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-5-5 新宿農協会館3階 03-3370-2541(代表) 03-3370-2015(FAX) copyright (C) 2006 Japan Culture and Welfare Federation of Agricultural Cooperatives