文化連 日本文化厚生農業協同組合連合会 農民の暮らしと健康を守る協同組合

ホーム

文化連概要

組織

事業内容

今年度行事

関連リンク



ホーム > 事業内容 > 厚生連補完事業[医薬品事業]
事業内容

厚生連補完事業
単協補完事業

研修会講師派遣、研究会開催、情報提供

食品・保健資材等の共同購入事業の支援

高齢者福祉事業の支援
研修・研究会事業
機関誌
許可証ダウンロード


事業内容



厚生連に対する補完事業

医薬品事業

 病院経営を行う上で医薬品費は人件費に次ぐ大きな事業管理費科目になります。
 医薬品購入を巡る環境は急速に変化しています。公定薬価の2年毎の引き下げに留まらず、院外処方の進展、DPC病院での薬剤の包括請求化、及びそれと連動した後発医薬品の採用増加などです。平成22年の新薬創出加算制度、平成26年度の未妥結減算制度も購入対策に直接的な影響を及ぼしています。
 文化連は医薬品の「廉価購入」と「適正使用=標準化」を通じて病院経営に寄与することを目的として、『厚生連医薬品全国共同購入委員会』を設置し購入対策に取り組んでいます。現在9厚生連41病院がこの共同購入に参加しています。厚生連薬剤選択部会(委員は厚生連の薬剤師、事務局は文化連)では共同した薬剤選択(標準化)に取り組み、メーカーとの直接価格交渉に成長しつつあります。またDPCデータを基に薬剤使用比較分析を進め、適正使用による医療の質の向上と病院経営改善に活用しています。
 今後も更に各県厚生連本部や病院の事務・医療専門職(医師、薬剤師、看護師、診療情報管理士など)と広く、深く連携しながら農協法に基づく全国規模の共同購買をすすめていきます。
医薬品共同購入

許可証ダウンロード
個人情報の取り扱い
このサイトについて
サイトマップ
日本文化厚生農業協同組合連合会(文化連) 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-5-5 新宿農協会館3階 03-3370-2541(代表) 03-3370-2015(FAX) copyright (C) 2006 Japan Culture and Welfare Federation of Agricultural Cooperatives