文化連 日本文化厚生農業協同組合連合会 農民の暮らしと健康を守る協同組合

ホーム

文化連概要

組織

事業内容

今年度行事

関連リンク



ホーム > 事業内容 > 厚生連補完事業[物品管理・マスタ提供]
事業内容

厚生連補完事業
単協補完事業

研修会講師派遣、研究会開催、情報提供

食品・保健資材等の共同購入事業の支援

高齢者福祉事業の支援
研修・研究会事業
機関誌
許可証ダウンロード


事業内容



厚生連に対する補完事業

物品管理・マスタ提供
 医療材料費はますます伸長する傾向にあります。医療材料を効率的に管理し、保険請求漏れを防止するために、物品管理システムの円滑な運用は重要な課題です。医療材料は商品サイクルの短縮や頻回・複雑になる保険改定により、病院単独での商品情報のメンテナンスコストは上昇する一方です。文化連では会員に対して物流管理システムの導入・運用をサポートし、医療材料マスタの提供を行っています。
 現在、56病院がマスタの共同利用を行っています。(医薬品7万件、医療材料24万件)
 文化連の医薬品・医療材料マスタには共同購入推進、使用対策(同種採用品、同等品の検索)などに有効活用するための豊富な分類情報を保持しており、継続的に商品情報を更新し続けています。保険対象ではない医療材料の大規模なデータベースとなっています。

 また物流管理システムサポートとして、病院、卸業者、文化連がインターネットでつながったWEB型システムを運用し、リアルタイムのマスタ提供を実現しています。
マスタに対する基本的スタンス

 1. 購入実績データを基本とした利用施設毎のデータベース構築に対応
 2. 特注品・診療材料以外購入物品についても作成可能
 3. 会員施設毎の購入価格や発注先の提供も可能
 4. 保険請求分類が装備されている
 5. 単品の商品マスタとレセプト電算コードとの紐付きが可能
 6. レセプト電算コードが複数の商品でも、集計が可能
 7. 病院会計基準に適合した勘定科目・分類が整備されている
 8. 同種品の検討・整理等に対応した分類が整備されている
【WEB型システムのマスタ連携の事例】

WEB型システムのマスタ連携の事例

許可証ダウンロード
個人情報の取り扱い
このサイトについて
サイトマップ
日本文化厚生農業協同組合連合会(文化連) 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-5-5 新宿農協会館3階 03-3370-2541(代表) 03-3370-2015(FAX) copyright (C) 2006 Japan Culture and Welfare Federation of Agricultural Cooperatives