文化連 日本文化厚生農業協同組合連合会 農民の暮らしと健康を守る協同組合

ホーム

文化連概要

組織

事業内容

今年度行事

関連リンク



ホーム > 文化連概要[会長挨拶]
文化連概要

会長挨拶
文化連とは
コンプライアンスプログラム
所在地
沿革
提言


文化連概要
日本文化厚生農業協同組合連合会は、戦後の混乱のなか、農業の再建と農村の民主化をめざす大きなうねりを背景に、全国から60をこえる農協の代表が参集して創立されました。


会長挨拶


 先ずは相次ぐ未曽有の災害≠ナ被害に遭われた皆様とそのご家族、関係者の方々に心よりお見舞いを申し上げます。皆様の安全と一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。
 さて、昨年は厚生連事業にとって、診療報酬、介護報酬の改定に加え、新専門医制度の開始や医師の働き方改革が進められ、また都道府県ごとに策定された地域医療構想を踏まえ医療資源の再配置や地域包括ケアシステム構築に向けた動きが一段と加速されました。
 また、本年10月には消費増税が実施されます。医療事業に携わる者にとっていわゆる損税状態が解消されないままの税率引き上げは、医療制度改革対応と相まって大きな経営課題となってくること必至です。当会といたしましては、会員の皆様への適宜適切な情報提供に努めますとともに、会員厚生連事業に貢献し、ご納得いただける価格交渉に取り組んでまいらねばなりません。そのためには是非ともより多くの厚生連にご参加いただき共同購入の輪を広げ、交渉力強化を図っていくことが重要であると考えます。
 一方、全国すべてのJAが総力を挙げて取り組みを進めております自己改革は、本年5月の期限を迎える「農協改革集中推進期間」を前に、3月には自己改革プログラムの完全実施めざし『第28回JA全国大会』が開催され、地域になくてはならない新生JAづくりに向け、最後の意思確認が行われることとなっております。
 当会も平成31年度は第8次中期事業計画の最終年度として、「安心の地域づくりと経営改革へ!今こそ全国の会員が一体となり新しい協同の価値の創造を」のスローガンのもとに、会員の皆様とともに総力を挙げて取り組んでまいります。
 何卒、皆様の変わらぬご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2019年1月
日本文化厚生農業協同組合連合会
経営管理委員会会長 神尾 透

許可証ダウンロード
個人情報の取り扱い
このサイトについて
サイトマップ
日本文化厚生農業協同組合連合会(文化連) 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-5-5 新宿農協会館3階 03-3370-2541(代表) 03-3370-2015(FAX) copyright (C) 2006 Japan Culture and Welfare Federation of Agricultural Cooperatives